無店舗ならではの

仰向けになる

無店舗の特徴

デリヘルは、風俗のなかでも店舗を持たない無店舗の風俗店となります。お客様へのサービスを行なう店舗を持たないので、お客様の自宅、又はラブホテルやホテルなどを利用するのが一般的なデリヘルを利用する場となっています。
利用する場所の料金は基本的にお客様が代金を払いますが、ソープなどよりも気軽に利用できるようになっているので、ホテル代やラブホテル代などはあまり気にならないでしょう。
しかし、自宅に女性を呼べば、ホテル代金などは必要がないので、そのぶん安く利用できてとても便利です。
また、仕事などで出張する際にも気軽にその土地の女性をホテルやラブホテルに派遣してもらうことができるので普段とは違うプレイを楽しむことができるようになっています。
また、店舗型と違って営業時間などに縛りがないため、店舗型のソープなどが営業を終了した時間でも営業することができるようになっています。そのため、24時間営業しているようなデリヘルも存在します。この様な点も無店舗型サービスであるデリヘルの特徴となっています。
店舗型のように、自分で出向かなくてもいいだけでなく、長い営業時間も無店舗型の特徴となっているのです。

サービス内容

一般的にデリヘルで受けられるサービスは様々で、豊富なオプションを追加料金で楽しめるようになっています。オプションサービスでは、様々なプレイが楽しめるようになっているので、自分好みのプレイをする際には様々なオプションサービスを併用しても良いでしょう。無料で受けられるようなオプションサービスもあるので。積極的に使用しても女性とのプレイを楽しむことが出来るようになっています。